2017/5/12

吉本一哉開発技術部 要素技術室2グループ
吉本一哉開発技術部 要素技術室2グループ

吉本一哉

先輩の声1

ーー開発技術部でしている仕事は?
お客様のニーズに応えるために、新しい油圧製品の仕様を検討したり、図面を書いたりしています。豊興の製品は工作機械や自動車部品に使われることが多いんですが、私が担当しているのは建設関係なんです。大勢の人が安心して暮らせるよう、間違いのない設計を心がけています。

ーー具体的には、どのように設計している?
上司と相談したり別々の資料をつき合わせたりして、自分自身が納得できるまで調べています。例えば、きちんと油の力が発揮できているかとか、製品自体の強度は確保されているかとか。当たり前のことですが、設計する自分が理解していないとお客様のニーズには応えられませんから。

ーー製品開発を担当して感じたことは?
大学の勉強と仕事はずいぶん違うと感じました。大学ではあらかじめ答があって、そこを目指して公式を使えばよかったんです。でも仕事では、製品が実際にどこでどう動くのかを検討したり、いろいろな公式を試したりすることで、実際に製作できる図面を書き上げていきます。

ーー開発技術部として大切なことは?
豊興工業のほかの部署と、きちんと連携することが大切ですね。生産管理部としていかに生産性を上げられるか、調達部から見てコストは許容できるか、製造部でどう作れるか、営業部が販売しやすいか……。そういう意味で、開発と関わらない部署はありません。製品設計は開発技術部が担当していますが、豊興製品のブランドはみんなで作っているんです。

ーー豊興に入る前の自分にアドバイスするとしたら?
う〜ん。そうですねえ……。材料工学をしっかり勉強しておくように、ですかね。どんな製品を作るにしろ、強度が重要になってくるんです。私が設計する製品は人の命と財産を守るものなので、なおさら大切です。だから、材料の種類や力のかかり方の基本は学んでおいた方がいいと言いたいです。

氏名 吉本 一哉
ふりがな よしもと かずや
部署 開発技術部
グループ 要素技術室2グループ
吉本 一哉
吉本 一哉

ホームへ先頭へ前へ戻る